緑内障は片方の目に障害が起こった場合は、本人はなかなか気づかないと言われています。もう片方がカバーするために、欠損したとしても、両目があれば違和感を感じにくいとされています。

片方の目が緑内障になった場合に気づくときは、中期や後期と言われ、進行がかなり進んでいるために予防することも難しくなります。

そのために、普段から健康診断や人間ドックをおこなうことは大切です。
目の検査をすることで、撮影眼圧により眼球が写真によって症状が見つかることが多いそうです。

早く治療を始めれば緑内障はそれほど大きな問題にはならない。そのために、定期的な検査をおこなうことが重要です。

それから急に緑内障が起こることも有るために、ある程度の知識しっておくことも大事。

原発平素隅角緑内障など、何らかの原因で眼圧が急激に上がると、視界が欠損して、それと同時に頭痛や吐き気がします。
しかし、これらの症状では眼科以外の病院の科目を受診することが少なくない。

しばらくたってから緑内障の発作だったと分かる場合もあります。

発作は50台位から起こりやすいので、もし違和感を感じた場合は、病院で検査を受けるのも大切