緑内障は失明につながることも
日本において緑内障は失明の現任の第一位と言われています。糖尿病でも起こると言われていますが、それ以上に発症率が高いとのことです。

緑内障では、視野障害と呼ばれ、視野の一部がかけて見える症状があらわれます。しかし、欠けている部分の画像はもう片方の目や眼球の動きによって補われるので、異常に気づくことはまず無いと言われています。

最初のうちは自覚症状がないというのが緑内障の一番怖い所。そこから、徐々に視野障害の部分が拡大し、気付き始めます。

自分で視野が欠けているとわかるようになる頃には、症状がかなり進行しているために、予防できないケースも。
一般的には、緑内障の予防としては、ケアプロストのように、眼圧を抑えて、緑内障が進行をしないように毎日のように指します。

しかし、進行が高ければ、それだけ目薬を指しても効果が期待できないことがわかっているために、定期的に検査を受けることも大事。

緑内障により、一部が欠損すると、視野は治療をしても取り戻すことができません。そのために、初期の段階で版権することが大事。中期や後期だと、それだけ視野の部分が狭いために、欠損がかなり大きくなり、見えづらくなり、最終的に失明が起こる可能性も。