まつ毛が短くて細いとインパクトにかけてしまう、、、。
鏡で見るたびにコンプレックス濃度が高くなりますから、、、。

そこでこの悩みを解決するために購入したのがケアプロスト。

1日に1回(2回塗る人もいる)まつ毛の生えている部分に軽く塗るだけで、徐々にボリュームアップ。

ケアプロストは、まつ毛を育てる毛包に作用するため、毛周期を延長させます。毛周期が延びることで、まつ毛の一本一本が長く太く成長してくれるわけです。

 

ケアプロストは、美容クリニックで購入することができます。しかし、価格が高く、毎月のように足を運ばなくてはいけません。

そのため、私が利用しているのいるのが通販です。
通販を利用することで、価格を安くして、送料無料で自宅に届けてくれます。
ケアプロスト詳細・購入について>>

 

まつ毛をどうにかして伸ばしたい

目の周りを鏡で見ると、本当に凹んでしまいます。

化粧をしている時は、特に問題はないのですが、その化粧を落とした後に鏡で見ると、ゲンナリしてしまう・・・
まつ毛薄いし、短いいし、非常にコンプレックス。ただでさえ目が一重なので、まつ毛が細く一本一本が短いとインパクトがありませんから。

たしかにエクステを使えば、ある程度はカバーできますが、気持ち的には納得できませんから。

やはり”自まつ毛”が太くて長いことに憧れちゃいます。

そういったことから始めるようになったのがまつ毛の育毛剤のケアプロストです。

最初は、資生堂のプロフェッショナル「アデノバイタル」を使っていました。

でも、ぜんぜんダメ・・・。

雑誌に載っていたので軽い気持ちで使っていたんですが、結局は根拠が無いものを使っても、効き目はありません。

これはダイエットのサプリなんかも同じことだと思う。
結局は、人気や口コミよりも、臨床試験や実験を行い、「本当に効果があったモノじゃないどダメ!!」。

ケアプロストの主要成分であるビマトプロストは、アメリカのFDAや日本の厚生労働省が、まつ毛に対する発毛効果があることを認めています。

そう言ったことからケアプロストを使っております。

現在ではケアプロストは海外から輸入し、通販で購入しています。
送料無料で購入する事が出来る。

何より、医薬品専門のスタッフが対応してくれるので安心。

まつげの育毛剤ケアプロスト

自分の顔をアピールするために、目のインパクトは大切だと思います。

たしかに、エクステするのも良いかもしれないけど、もとのまつ毛にインパクトを与えたい!!!

そこで私はケアプロストを使っています。

昔とは違い、現在では医学の発展で、若ハゲに効く薬(ミノキシジル、フィナステリド)が色々と出回っているように、実はまつげの育毛剤と開発されてるんですね。

このまつ毛育毛剤の名前がケアプロストで、主要成分がビマトプロストになります。

1日に1回、まつ毛の生えている部分に軽く塗るだけで、徐々にボリュームがアップし、一本一本が長く太く成長してくれます。

でも、最近になってからはまつげを伸ばす育毛剤として、雑誌やインターネットでいろんな商品が販売されていると思います。

たとえば、アデノバイタルやビュアフリーアイラッシュというまつ毛育毛剤。
たしかに、ケアプロストと同じまつ毛育毛剤に部類されると思いますが、根本的に主要成分が違います。

ケアプロストの主要成分であるビマトプロストはアメリカのFDA(食品医薬品局)、日本の厚生労働省の正式な許可がおりています。

つまり、まつ毛を伸ばす、成長させる効果があるということになります。

しかし、このケアプロスト、若ハゲに効くロゲイン、プロペシアなどと同様に使っている間は確実に増毛するけれど、使用を中止しちゃうと下のまつげの状態に戻っちゃうという欠点があります。

そこらへんを考えて使うことが重要になります。

ケアプロスト「まつ毛の育毛効果が認められた医薬品」

毎日のようにまつ毛の頭皮にことで、発毛効果を高めてくれるケアプロスト。

たった1日1回塗ることで、今まで生えていたまつ毛が太く、長く成長をしてくれます。

なんだかエクステを塗っているような感覚になるのですが、これがケアプロストの嬉しい効果なんですね。

あくまでも塗ればすぐには効果が出るわけではありませんが、私の場合は、毎日のように塗ることで、4~5ヶ月後に効き目を感じることが出来ました。

効果については、それぞれ個人差が出てくるとは思います。

ビマトプロストのまつ毛のメカニズム

ケアプロストの有効成分であるビマトプロストは、もともと緑内障の治療薬として2001年に開発されました。

当時は、目薬タイプの緑内障治療薬で、商品名は「ルミガン」として販売されていました。

しかし、緑内障の患者が、ルミガンの目薬を使うことで、徐々にまつ毛が伸びたり、一本一本が太く、濃くなることがわかりました。

緑内障にも2種類の原因があり、正常性緑内障と、眼球内の眼圧が高くなる眼圧性緑内障があります。
ケアプロストの場合は、目の眼球に指すことで、眼圧を低下させる作用があるために、緑内障の患者に使用されていました。

そんな目薬が、どうしてまつ毛を伸ばし、太く増毛してくれるのでしょうか?

現在の段階で、明確なことはわかっていないそうですが、ビマトプロストは眼球内による痛み止め作用があり、これは血圧降下作用のあるプロスタグランジン作用と異なった受容体に結びついているという説があります。

これは、頭皮の育毛剤であるミノキシジル(ロゲイン、リアップ)と似た効果があり、その作用メカニズムで、まつ毛が伸び、太く、増毛しているのではないかという説が上げられています。

実験データ

ケアプロストの製造メーカーはアメリカの大手製薬会社アラガン社が製造、販売を手がけています。

こちらの会社が当時、ルミガンを4ヶ月間調査した所、約300人の緑内障患者のうち80%以上の患者にまつ毛の育毛効果がはっきりとわかったそうです。

300人の80%なので、240人以上の人のまつ毛が長くなったということになります。
なおかつ、それだけでなく、まつ毛の1本1本が長く、密度が増加し、色が濃くなったとのこと。

この調査を踏まえて、アラガン社がケアプロストを「まつ毛育毛剤」として製造、販売をおこなうことにしたわけですね。

つまり、2001年に開発された緑内障の目薬「ルミガン」と、20009年に育毛剤として許可がおりている「ケアプロスト」はまったく同じ主要成分ビマトプロストが使われ、効果も同じということになります。

通販でケアプロストを購入

ケアプロストの購入についてですが、私は個人輸入を利用しています。

日本国内において、ケアプロストは緑内障治療薬として厚生労働省は許可しています。
そのため、緑内障患者の場合は、眼科に通院することで、ケアプロストを処方してもらえる事ができるかもしれません。

しかし、”まつ毛育毛剤”であるケアプロストの場合は、許可がおりていません。

そのために、私が最初に考えたのが美容整形クリニックを利用し購入することです。
ケアプロストは、世界的にも評価が高いためにまつ毛育毛剤なので、美容整形クリニックに行けば取り扱いをしているかと思います。

しかし、美容整形クリニックの場合は、高額で販売されているというケースが多い。
1本(ビマトプロスト0.03%、用量3ml)で10,000円以上で販売している所がたくさんあります。

1日1回、まつ毛に塗るとして、約2ヶ月ほど使うことができると言われているために、1ヶ月約5000円になります。

まぁ、これでまつ毛が長くなってくれるのならっと思っていたんですが、色々調べると、もっと安いのが有ります。

それが通販を利用することです。

っというか、美容整形クリニックも、海外からケアプロストを輸入して、お客に処方しているので、結果的には同じ商品になると思います。

美容クリニックが間に挟むために、料金が高くなってしまう。

そこで直接、個人輸入の販売店を利用し、ケアプロストを購入すれば安く買うことができます。

個人輸入と聞くと、なんだか重苦しい気がするのですが、そんなに難しい手続きをするわけではありません。

私は、オオサカ堂という個人輸入代行店を利用し、ケアプロストをインターネットの通販で購入しています。

注文の仕方はアマゾンや楽天と同じで、特に難しい手続きなどはありません。

オオサカ堂の場合は、送料や手数料などが掛かりません。
それからクレジットカードが使えるのが良い所だと思います。

オオサカ堂の他に、ケアプロストの製造会社から注文・輸入を代行してくれるお店はあります。

ただし、私がオオサカ堂を利用しているのは信用性が高いからです。

信用性にもいろいろな見分け方があると思いますが、ケアプロストをオオサカ堂で購入している人が多いように思います。

これは購入した人たちのコメントで判断ができるからです。

コメント欄の多さに驚かされるのですが、内容のリアルさにも信用性が伺えます。

通販サイトに商品を購入した人たちのコメントが残っていることは珍しいことではありませんが、内容がウソっぽくサクラのような記事がかかれていることがあります。

しかしながら、オオサカ堂の場合は、実際に医薬品を購入した人たちのコメントが書き連ねているように私は思います。

効果を感じたという話だけでなく、効き目がなかった、副作用を感じたなど、リアルなコメントが残っているために、信用性が高いと私は判断し、このオオサカ堂で購入を決めました。

もしケアプロストの購入を考えている人がいたら、参考までに実際に利用した人たちのコメントを見るのもいいアドバイスになるかもしれませんね。

ケアプロスト詳細・購入について>>

 

ケアプロスの使い方

ケアプロストの使い方についてですが、まず基本的なことですが、目薬のように目に指すのではなく、目の睫毛の生え際に使用します。

っと、基本的なことなんですが、私は最初の方、使い方をうまく理解せずに、目薬のように”ポツ、ポツ”とさしていました・・・。

しかし、副作用が起こる可能性が十分にあるために注意しなくてはいけません。

ケアプロストを購入するときは、一緒に「アプリケータ」も買うと便利だとおもいます。
もっと安く済ませたいのなら、ケアプロストを個人輸入のオオサカ堂の販売店で購入し、アプリケーターは100円均一で購入してもいいかと思います。

間違っても、アマゾンや楽天はオススメできません。
ほかと比べて価格が高いので・・・。

さて、使い方ですが、そんなに難しくはありません。
本当にシンプルです。

ですが、いちよう念の為に説明をすると、ケアプロストは1日に1回の使用になります。

あまり使いすぎると、根元の部分に炎症を起こして副作用で色素沈着やドライアイになるおそれがあるために十分に注意。

たしかに早く伸ばしたい!!太くしたい!!っという気持ちもありますが、まつ毛のヘアサイクルとして、早くても3~6ヶ月はかかるので、焦らずに、焦らずに。

私の使い方として、夜の風呂あがり、洗顔後に塗るようにしています。
ちょっとしたことですが、コンタクトをはめている人は、一度外してから、ケアプロストを塗るようにしましょう。

あと、私は洗顔後に塗るようにしていますが、化粧水やクリームを塗った後でも、ケアプロストをおこなっても構いません。

アプリケータでケアプロストを一滴たらしてから、目の周りに薄く塗るようにしています。
衛生管理のために、アプリケーターは1回に1本までの仕様にしております。

使い方について、ケアプロストはごく少量なら、目の中に入っても問題はないとされているので、そこまで意識しなくてもよいかとおもいます。

ケアプロストのヘアサイクルによる効果

あくまでもケアプロストは使えば”すぐに”まつ毛が長く、太くなるわけではありません。
早くても半年はかかると理解して使い続けることが重要になります。

これは、ヘアサイクルが使う前と比較して、長期間になるからです。

まつ毛や髪の毛には、それぞれ1本1本のヘアサイクルがあります。
基本的に、髪の毛は5~6年、まつ毛の場合は2~3年。

そして、ヘアサイクルに「成長期、退行期、休止期」に別れ、ケアプロストを使うことで、成長期の時期が長く伸びます。

しかし、ここで注意しなくてはいけないのが、最初の1ヶ月目は大量にまつ毛が抜けやすくなります。

これは、ケアプロストの影響で、今までとは違った毛細血管が刺激されるために、休止期が短くなり大量にまつ毛が抜けやすくなるからです。

これを初期脱毛と言います。

そのために、大量にまつ毛が抜けてしまうことに対して「私にはケアプロストは合わない・・・」っと誤解をしてしまう人もいます。

しかしそれは逆で、初期脱毛が起こっているということは、逆に効果が現れている証拠なので、じっくりと使い続けることが重要になります。

初期脱毛が発症してから次第に、全てのまつ毛に成長期が延長されるようになります。
すると、いままではヘアサイクルが2~3年だったのが、ケアプロストの効果により5~6年と伸び、一本一本の毛が太く、長くなります。

これがまつ毛に対する効果になるわけですね。

そのために、ケアプロストに対する効果に即効性はありません。
毎日のように、コツコツと継続して続けることで、徐々に効き目が出てくると思います。

これは、まつげの育毛剤だけでなく、頭皮の育毛剤も同じ原理になります。

ケアプロストは男性でもまつ毛の作用はあるのか?

昔と異なり、女性も頭皮がの抜け毛に悩まされる人が増えていると言われています。ストレスや食事管理が影響して、髪が細くなり、抜けやすくなる。

しかし、髪だけでなく、まつげが抜けてしまい悩んでいる人もいます。

まずは、原因を追求して、誘発しないように心がけることが重要です。そのまま放置することで、症状が悪化し、改善が困難になる恐れも十分にあります。

特に女性に多いのが貧血で、鉄分不足により貧血が原因で、血液中の赤血球にあるヘモグロビン濃度が低下してしまい、抜け毛に悩む人がいます。

女性の場合は、女性ホルモンが活発に活動するために、どうしても鉄分が不足がちになります。そんとあめに、できることなら鉄分が多い食事を意識的に取ること。髪へ十分な酸素や栄養素材を運ぶためには大切になりますし、なおかつ、髪の毛にけんこうな栄養分を与えるためにも重要です。

それから、薬の副作用が原因で抜け毛が起こることも十分にあります。

抗癌剤の他、精神科で使う向精神薬、痛風や脂質異常症錠薬は、副作用で、血流などの関係性で抜け毛に関係するおそれがあるために十分に注意が必要です。

ケアプロストの副作用「色素沈着」

ケアプロストを使うことってすごく簡単で、すごく基本的なこと。
しかし、この基本的なことを私は間違っていました・・・。

ケアプロストってもともと目薬として開発されました。
緑内障の眼圧を抑えるために、現在も利用されているのですが、実は私が最初、まつ毛を伸ばすために、まつ毛の根元に塗るのではなく、目に指していました・・・。

さすがに、目にさしたとしても、まつげを伸ばす効果は期待できませんね。
途中(1週間ほど使っていました)で気付き、目の根元に指すように切り替えました。

とりあえず、ケアプロストに含まれているビマトプロストは0.03%の容量なので、目にさしたとしても、危険を及ぼすほどではないそうです。

ただし、過度に目の表面に指していると、副作用で「ドライアイ、眼の炎症」などが起こる危険性が有ると言われているために十分に注意が必要。

まつ毛を塗るためにケアプロストを使うときは、意識して目の表面ではなく、まつ毛の根元にアプリケーターを使い、少しずつ塗るようにしましょう。

それからもう一つ、成分の影響で「色素沈着」が起こることも有るために注意。

色素沈着とは、肌の過剰な刺激により、皮膚の表面に影響が起こり、メラノサイトが過剰に分泌されたメラニン色素が沈着してしまうことです。

目の周りが茶色く目立ってしまうために十分に注意が必要です。

もしも、ケアプロストを塗り、色素沈着の症状が現われたら、一時的に中断をすること。
そうすれば、使用を3日~1週間ほどで茶色のシミが落ちるといわれています。

色素沈着が起こっているのに、そのまま継続してケアプロストを続けていると、より症状が悪化するおそれがあるために注意が必要です。

ケアプロストと緑内障

もともとケアプロストは緑内障の治療薬として開発されました。

って、緑内障という症状はどんな目の病気なのか?
この緑内障は一度悪くなると、回復が難しくなると言われています。そのために、目に対して違和感を感じたらすぐに眼科で診てもらうことが重要になります。

40歳以上の100人に5人がかかるとも言われています。
非常に多い病気で、特に最近では30代でも緑内障に掛かる人が増えていると言われています。

多くの場合、進行はゆっくりですが、ほおって置くことで、視界が見えなくなることも十分にあります。なおかつ、緑内障の場合は、自然に治ることはまずありません。

ケアプロストの主要成分であるビマトプロストは、あくまでも緑内障の進行を抑える目薬で、完治させるわけではありません。

緑内障は、片方の目で発症するケースが多く、初期段階ではなかなか気づかず、徐々に視野の欠損が広がってくると言われています。

なによりも、目に対する違和感を感じたら、自己判断ではなく、専門の眼科で検査を受け、医師の診断を仰ぐことが重要になります。
早い段階で気づけば、進行を抑え、そのままを維持することにつながります。

栄養分をしっかりと吸収する

ケアプロストを使うことで、どうしてまつ毛が成長するのか?
これは成分であるビマトプロストがまつ毛の毛乳頭や毛母細胞を活発にしてくれるからです。

しかし、たとえケアプロストの効果があったとしても、普段からまつ毛に必要な栄養分を吸収していなければ意味合がありません。

毛乳頭や毛母細胞には、まつ毛の成長に大切な栄養分を与えることで、ヘアサイクルを長期間に持続してくれます。

まつ毛に大切な栄養分としては、野菜や果物を意識的に取ること。
これは体の健康を考えても同じようなこと。

基本的に、まつ毛や髪の毛はアミノ酸でできているために、「大豆、小麦、牛乳、卵、肉、魚」は欠かさず取りたいところです。

それから、ビタミンやミネラルも大切で、ドライフルーツなどをとり、緑黄色野菜、淡色野菜など、バランスを考え吸収すること。

女性の場合は特にミネラルの亜鉛、鉄分などが不足しがちなので、ナッツ類を上手に取りたいところです。